2008年03月14日

東野圭吾: 流星の絆

bonds of meteors.jpg

通勤時間はもっぱらQUEEN に充てているので、読書量は激減しているのですが、
東野圭吾だけは相変わらず止められません。ファンの域を通り越してもはや信仰者です。
'93年頃文庫本の 『放課後』 を読んだのが最初、その後店頭にあった文庫本を片っ端から読み、
悪意』 くらいの頃から、新刊が出るのを首を長くして待つようになりました。

今月発売の 『流星の絆』 を、一昨日会社帰りに買ってきたのですが、
いつもながら読み易く、その上先を追いたくなってしまう展開につられて、今朝読み終えてしまいました。

帯にあるフレーズはマズいですね。裏何とかというヘタなブログよりネタバレです。
もしこの記事を見て、この本を読んでみようと思いつかれた方がいらっしゃったとしたら、
本屋で見つけた瞬間から、帯に目をやらないよう努力されることをお奨めします。
上の画像も見ないで下さい。ましてクリックなどしないで下さい。

ココからは少々ネタバレになりますので、未読の方は見ないようにするなり、薄目で見るなりして下さい。
一応匂いは消してありますけど。


 ・この物語も他の作品と同様、ほとんど全ての登場人物に感情移入できる。
  まさしく、東野ワールドの真髄である。
  このように無駄なキャラクターを使わないところが、氏の作風の魅力であるのだが...。

 ・一方で登場人物が少ないため、消去法を取ると犯人を推測できてしまう。
  今回に限って言えば、犯人を最後まで判らないようミスリードするキャラがもう一人欲しい。
  容疑者に上がる人物は、読み進めていくほど容疑者に思えなくなる(親切といえば親切だが)のだ。

 ・冒頭で、あるアイテムを素振りするほど、あの人物はアレに興じていたことになっているが、
  その性格、職業、そして途中で判明する当時の彼の境遇を考えると、少々違和感が残る。
  後の布石のため絶対に必要な設定だが、それ故にもう少し何か理由付けが欲しい。

 ・ダマされるはずだったあの人物が、実現しなかった悪事のシナリオを自ら書き直すことで、
  『絆』 の仲間入りをする。
  忌まわしい事件当日、三兄弟が見ることのできなかった 『流星』 を彼は一人でを見ていたのだ。
  そしてその彼はラスト・シーンで、

    あなたたちと絆で繋がれていたい

  というセリフを残す。
  彼は自分との 『絆』 を彼女だけでなく、兄弟にも求め、話は終わる。
  流星の絆という小説のタイトルはこんなところにも生きているのか。東野圭吾、さすがである。
posted by キングギドラ at 12:24| Comment(6) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は現在放送中のドラマの方を見ております。
なので、この記事の後半分は見てません(笑)
ドラマが終わったらまたじっくりと記事を読みますね〜
Posted by こうちゃん at 2008年12月10日 12:45
こうちゃんさん、こんにちは。
ドラマは...。
あれはあれでいいのかもしれませんが、ボクにはチョッと...。
という訳で、2回目まで見て挫折しました。
できれば小説を先に読んで頂きたいなぁ。
もしもそうして頂いたら、ボクがそこまで言う理由が判ると思います。
Posted by キングギドラ at 2008年12月11日 08:03
見終わりました。
小説と同じ結末だったようです、、、。
なかなか面白かったですね〜

しかし、犯人分かっちゃったからちょっと本読むのもあれかな?
充分ドラマで楽しめたので、良し!です。

東野圭吾物でお勧めがあったら教えてください〜
Posted by こうちゃん at 2008年12月21日 00:16
こうちゃんさん、コメントありがとうございました。
最終回は見ました。結末は同じでしたね。
(チーム・バチスタの栄光とは違いました。もっともアレは原作自体が柔らかい)
でも三浦友和ってもっとナチュラルな演技をする役者じゃなかったかな、という別の印象も。
全部お薦めですが、あえてファンとしての意見をするなら、『赤い指』と『悪意』を推します。
どちらも犯人は最初から判っちゃうんです。何故面白いかは...、是非読んで下さい。
Posted by キングギドラ at 2008年12月21日 15:49
お勧めありがとうございます〜

なんとなく、図書館で借りて読んだのが「変身」でした。
なかなか面白かったです。

有る物から読んでみたいと思います。図書館からかりてですが、、、、、

「流星の絆」は図書館でもかなりの人気で、凄い数の予約数となっていました、、、(泣)
Posted by こうちゃん at 2009年01月15日 23:30
『変身』 は映画になってます。レンタルとかできるのかな。
東野圭吾が今のようにブレイクする前で少々地味ですが、なかなか真面目に作られてます。
Posted by キングギドラ at 2009年01月17日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

流星の絆/東野圭吾
Excerpt: 流星の絆 (作品内容) 「BOOK」データベースより 惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の..
Weblog: 心の音
Tracked: 2008-03-15 19:10

流星の絆<東野圭吾>−(本:2008年96冊目)−
Excerpt: 流星の絆 出版社: 講談社 (2008/3/5) ISBN-10: 4062145901 評価:87点 どんなルートをたどって伝わったにせよ、世の中に広がった名物のハヤシライスの味。読..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-08-02 11:14

流星の絆【最終回】
Excerpt: TBS 金曜ドラマ 『流星の絆』TBS 金曜ドラマ 『流星の絆』 の番組情報ページです。この話題に関するクチコミ(22件)を見る流星の絆が本日最終回を迎
Weblog: こうちゃんのブログ
Tracked: 2008-12-21 00:18

東野圭吾「流星の絆」
Excerpt: 東野圭吾著 「流星の絆」を読む。 このフレーズにシビれた。  静奈は、目に見えない何かに包まれていくのを感じた。それは温かく、柔らかく、そして懐かしいものだった。言葉は出なかったが、涙は溢れた。 [..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-04-10 07:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。